サービス利用規約

本サービス利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、第1編の基本利用規約および各サービス固有の利用條件(第2編の個別規約を含みます)で構成されます。なお、ユーザー登録していただく際には、基本利用規約にご同意いただき、各サービス固有の利用條件につきましては、それぞれ、dely株式會社(以下「當社」といいます)のサービスのご利用の際にご同意いただきます。

第1編 基本利用規約

【第1條 基本利用規約について】

  1. 本編に定める基本利用規約(以下「基本利用規約」といいます。)は、當社が提供するすべてのサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用條件を定めるものです。本サービスをご利用される場合には、基本利用規約に同意したものとみなされます。
  2. 當社は、個別のサービスにおいて個別の規約やガイドライン(以下「個別規約」といいます。)を定めています。個別規約も名稱の如何にかかわらず本利用規約の一部を構成するものとします。なお、個別サービスにおいては、基本利用規約のほか本利用規約第2編に定める當該個別のサービスの個別規約も適用されますので、當該個別規約の內容もご確認ください。
  3. 基本利用規約の定めと個別規約の定めが異なる場合には、當該個別規約の定めが優先して適用されるものとします。
  4. 當社は、利用者の一般の利益に適合するとき、または、本利用規約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の內容の相當性その他の変更に係る事情に照らして合理的である場合には、利用者の事前の承諾を得ることなく、當社の判斷により、本利用規約をいつでも変更することができるものとします。
  5. 當社は、前項により本利用規約を変更するときは、変更後の本利用規約の効力発生時期を定め、當社が別途定める場合を除いて、あらかじめ本サイト上に、本利用規約を変更する旨、変更後の本利用規約の內容および効力発生時期を表示して周知するものとします。変更後の本利用規約は効力発生時期より効力を生じるものとします。また、本利用規約の変更の効力が生じた後、利用者が本サービスをご利用される場合には、変更後の本利用規約に同意したものとみなされます。
  6. 本利用規約の新たな制定?変更等がなされた場合、當該規約の制定?変更等より前に利用者によって行われた行為についても、當該制定?変更等がなされた後の本利用規約が適用されます。
  7. 本利用規約の一部の規定の全部または一部が法令に基づいて無効と判斷された場合であっても、當該規定の無効部分以外の部分および本利用規約のその他の規定は有効とします。本利用規約の一部が特定の利用者との間で無効とされ、または取り消された場合でも、本利用規約はその他の利用者との関係では有効とします。
  8. 本利用規約に示される権利を行使または実施しない場合でも、當社が當該権利を放棄するものではありません。

【第2條 定義】

  • 本利用規約において使用する用語の意義は、次の各號に定めるとおりとします。
  • (1)「利用者」とは、ユーザー登録の有無にかかわらず、本サービスを利用する全ての方をいいます。
  • (2)「登録者」とは、第3條2項に基づきユーザー登録手続きを行い本サービス(無料機能のみならず有料機能によって提供されるサービスを含みます。)を利用する方をいいます。
  • (3)「ユーザー登録」とは、本サービスのユーザーとして當社のサーバーに登録されることをいいます。
  • (4)「企業?団體」とは、法人、組合、サークル等の自然人が所屬する組織をいいます。
  • (5)「企業?団體登録」とは、企業?団體の情報が當社のサーバーに登録されることをいいます。
  • (6)「パスワード」とは、登録者が登録手続き時に登録し、または登録後に変更手続きを行った、登録者本人を識別するための文字および數字の列をいいます。
  • (7)「登録情報」とは、表示名、メールアドレス、パスワード、郵便番號、生年月日、性別、企業?団體に関する情報等、登録者がユーザー登録または企業?団體登録の手続き時に登録した情報をいいます。
  • (8)「屆出情報」とは、登録情報のほか、住所、氏名、電話番號、職業、銀行口座、クレジットカード番號等、登録者が當社に対して屆け出た情報をいいます。
  • (9)「個人情報」とは、特定の利用者を識別することができる情報(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の利用者を識別することができることとなるものを含みます。)をいいます。
  • (10)「提攜企業」とは、本サービス提供のために當社が契約を締結した業務提攜企業をいいます。
  • (11)「出荷元」とは、當社の提攜企業のうち、商品を生産し、當社へ商品を販売する生産者または製造元である企業または個人をいいます。

【第3條 ユーザー登録】

  1. 本サービスはユーザー登録をせずにご利用いただくことも可能ですが、本サービスのうち一部のサービスをご利用いただく場合にはユーザー登録が必要となります。
  2. ユーザー登録を希望する利用者(以下「申込者」といいます。)は、本利用規約に同意の上、當社所定の登録手続きを行っていただきます。
  3. 當社は、前項の手続きに沿って入力されたお申込み內容につき必要な審査を行い、申込者のユーザー登録を承諾する場合、當該お申込み內容を登録情報として登録し、お申込みにあたり入力されたメールアドレスにメールを配信することにより當社の承諾の意思表示とさせていただきます。なお、お申込み內容の審査を行った結果、次のいずれかに該當する場合には、當社の判斷によってユーザー登録を承諾しないことがあります。
    • (1) 申込者が、過去に本利用規約に違反したことを理由に當社から第17條第1項に定める処分を受けた者である場合または第16條各項各號のいずれかに該當しもしくは該當するおそれがある場合
    • (2) その他當社が不適切と判斷した場合
  4. 當社は、前項とは別に、ユーザー登録の事前事後を問わず、申込者または登録者のお申込み內容または登録情報を審査し、以下の項目に該當すると當社が判斷した場合には、當社の判斷により、ユーザー登録を承諾せず、または解除することができるものとします。
    • (1) 申込者または登録者が存在しない場合
    • (2) 申込者または登録者が送受信可能なメールアドレスを持たない場合
    • (3) 申込をした時點で第17條第1項に定める処分を受けている、または過去に受けたことがある場合または第16條各項各號のいずれかに該當しもしくは該當するおそれがある場合
    • (4) お申込み內容または登録情報に虛偽の記載があった場合
    • (5) 當社への支払を怠ったことがある場合
    • (6) 當社または提攜企業の業務の遂行上または技術上支障をきたす場合
    • (7) 申込者または登録者が未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、登録手続きが成年後見人によって行われておらず、または登録手続きの際に、法定代理人、保佐人もしくは補助人の同意を得ていなかった場合
    • (8) 反社會的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団體、反社會的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社會的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関與する等反社會的勢力等と何らかの交流もしくは関與を行っている場合
    • (9) その他當社が申込者または登録者のユーザー登録を不適當と判斷した場合

【第4條 企業?団體登録】

  1. 企業?団體登録を希望する利用者(以下「企業?団體登録申込者」といいます。)は、本利用規約に同意の上、當社所定の登録手続きを行っていただきます。
  2. 當社は、前項の手続きに沿って入力されたお申込み內容につき必要な審査を行い、企業?団體登録申込者の企業?団體登録を承諾する場合、當該お申込み內容を登録情報として登録いたします。なお、お申込み內容の審査を行った結果、次のいずれかに該當する場合には、當社の判斷によって企業?団體登録を承諾しないことがあります。
    • (1) 企業?団體登録申込者が當該企業?団體の構成員でない場合または當該企業?団體を代表する正當な権限がない場合
    • (2) その他當社が不適切と判斷した場合
  3. 當社は、前項とは別に、企業?団體登録の事前事後を問わず、企業?団體登録申込者または企業?団體登録のお申込み內容または登録情報を審査し、以下の項目に該當すると當社が判斷した場合には、當社の判斷により、企業?団體登録を承諾せず、または解除することができるものとします。
    • (1) 當該企業?団體が存在しない場合または解散した場合
    • (2) お申込み內容または登録情報に虛偽の記載があった場合
    • (3) 當社が定める不適切な行為を行った場合
    • (4) その他當社が企業?団體登録申込者または企業?団體登録を不適當と判斷した場合
  4. 企業?団體登録をしたユーザー登録が解除された場合、當該企業?団體の企業?団體登録も同時に解除されるものとします。

【第5條 メールアドレスおよびパスワードの管理】

  1. 登録者は、メールアドレスおよびパスワードについて、自己の責任の下で管理を行うものとし、登録情報が不正確または虛偽であったために登録者が被った一切の不利益および損害に関し、當社は一切の責任を負わないものとします。
  2. 當社は、ログイン時に入力されたメールアドレスおよびパスワードが、登録されたメールアドレスおよびパスワードと一致することを所定の方法により確認した場合、當該ログインを真正な登録者のログインとみなし、登録者による利用とみなします。本サービスの利用や商品の購入などによって料金または代金が発生した場合には、當該登録者に當該料金または代金を請求いたします。
  3. 登録者は、パスワードを第三者に知られた場合、あるいはパスワード等が第三者に使用されている疑いのある場合には、直ちに當社にその旨連絡するとともに、當社の指示がある場合にはこれに従うものとします。
  4. 登録者は、パスワード等が不正に利用されたことにより當社または提攜企業に損害が生じた場合、當社または提攜企業に対し、その損害を賠償するものとします。

【第6條 広告の掲載等】

  • 利用者は、本サイトや、メールなど、すべてのコンテンツへの広告掲載?バナー表示が行われることを承諾します。

【第7條 個人情報の取扱い等】

  1. 當社は、當社が取得した個人情報に関し、別途定めるプライバシーポリシーに基づき、適切に取り扱うものとします。
  2. 利用者は、本サービスを利用するに際し、サービスによってはプライバシーポリシーで定める事項に加え、本サービスの利用者同士がお互いを認識できるよう、ニックネームやアイコン寫真を本サイト上に表示することに同意するものとします。

【第8條 屆出情報の変更、ユーザー登録の解除等】

  1. 登録者は、屆出情報に変更があった場合、すみやかに當社の定める手続きにより當社に屆け出るものとします。この屆出がない場合、當社は屆出情報の変更がないものとして取り扱います。
  2. 登録者からの屆出情報の変更の屆出がないために、當社からの通知、その他が遅延し、または不著、不履行であった場合、當社はその責任を負わないものとします。
  3. 登録者は、當社所定の登録解除の手続きを行うことによって、ユーザー登録を解除することができます。

【第9條 譲渡禁止等】

  1. 登録者は、本サービスに関する権利について、第三者に譲渡し、または質権の設定その他の擔保に供する等の行為ができないものとします。
  2. 登録者の地位は、當社が指定する方法により企業?団體登録をした登録者の地位を企業?団體の構成員である別の登録者に承継する場合および當社が別途指定する場合を除き、売買、名義変更および承継することはできないものとします。
  3. 當社は、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、當該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本利用規約に基づく権利および義務ならびに利用者の登録事項その他の情報を當該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につきあらかじめ同意したものとします。なお、本項にかかる事業譲渡は、通常の事業譲渡のみならず、會社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

【第10條 連絡または通知】

  1. 登録者への連絡または通知の必要があると當社が判斷した場合には、登録されたメールアドレスへの電子メールの送付、本サイト上への表示、その他當社が適切であると判斷する方法にて連絡または通知を行います。
  2. 利用者は、本利用規約に別段の定めがある場合を除き、當社への連絡はお問い合わせフォームから行うものとします。當社は電話による連絡および來訪は受け付けておりません。

【第11條 本サービスの提供の中斷等】

  1. 當社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的に本サービスの全部または一部の提供を中斷することがあります。
    • (1) 本サービスを提供するための通信設備等の定期的な保守點検を行う場合または點検を緊急に行う場合
    • (2) 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (4) 戦爭、動亂、暴動、騒亂、労働爭議等により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (5) 予期できない天候の変化、天災地変、不慮の事故、提攜企業の事故、商品の出荷元による在庫切れ、発売延期、発売中止その他の事由により、本サービスの提供ができなくなった場合
    • (6) 法令またはこれに基づく措置により本サービスの提供ができなくなった場合
    • (7) その他、運用上または技術上、當社が本サービスの提供の一時的な中斷を必要と判斷した場合
  2. 當社が必要と判斷した場合には、事前に通知することなくいつでも本サービスの內容を変更し、または本サービスの提供を停止もしくは中止することができるものとします。
  3. 當社は、第1項各號のいずれかまたはその他の事由により本サービスの全部または一部の提供に遅延もしくは中斷が発生しても、これに起因する利用者または第三者が被った損害に関し、本利用規約で特に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。
  4. 當社が本サービスの內容を変更し、または本サービスの提供を停止もしくは中止した場合であっても、本利用規約で特に定める場合を除き、利用者に対して一切責任を負わないものとします。

【第12條 利用環境の整備】

  1. 利用者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアその他これらに付隨して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、利用可能な狀態に置くものとします。また、本サービスのご利用にあたっては、自己の費用と責任において、利用者が任意に選択し、電気通信サービスまたは電気通信回線を経由してインターネットに接続するものとします。
  2. 利用者は、関係官庁等が提供する情報を參考にして、自己の利用環境に応じ、コンピュータ?ウィルスの感染、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等セキュリティを保持するものとします。
  3. 當社は、利用者の利用環境について一切関與せず、また一切の責任を負いません。

【第13條 自己責任の原則】

  1. 利用者は、利用者自身の自己責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果についてその責任を負うものとします。
  2. 利用者は、本サービスのご利用に際し、他の利用者その他の第三者および當社に損害または不利益を與えた場合、自己の責任と費用においてこれを解決するものとします。

【第14條 知的財産権等】

  1. 利用者は、利用者が送信(発信)したコンテンツにつき、當社に対して、當社または當社の指定する者が當該コンテンツを日本國內外問わず対価の支払いなく非獨占的にいかなる制約も受けずに自由に使用する(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸與、翻訳、翻案を含みます。)権利(サブライセンス権も含みます。)を、當該コンテンツに係る著作権その他一切の権利の存続期間が満了するまでの間、許諾したものとみなされるものとし、これをあらかじめ承諾します。利用者は當社および當社の指定する者に対して、當該コンテンツに係る著作者人格権を保有していたとしても、當該権利を行使しないものとします。
  2. 利用者が送信(発信)したコンテンツ、利用者によるサービスの利用?接続?規約違反、利用者による第三者への権利侵害に起因または関連して生じたすべてのクレームや請求について、利用者の責任と費用においてこれを解決するものとします。
  3. 前項のクレームや請求への対応に関連して當社に費用が発生した場合または賠償金等の支払いを行った場合は、當該費用および賠償金、當社が支払った弁護士費用等を當該利用者の負擔とし、當社は、當該利用者にこれらの合計額の支払いを請求できるものとします。
  4. 利用者は、利用者が送信(発信)したコンテンツについて、當社に保存義務がないことを認識し、必要なコンテンツは適宜バックアップをとるものとします。
  5. 當社は、利用者が送信(発信)したコンテンツを、運営上必要に応じて閲覧することができ、規約に抵觸すると判斷した場合には、利用者への事前の通知なしに、當該コンテンツの全部または一部を非公開すること、または削除することができるものとします。

【第15條 當社の財産権】

  1. 利用者が送信(発信)したコンテンツおよび情報を除き、本サービスに含まれる一切のコンテンツおよび情報に関する財産権は當社または當社に使用を許諾した第三者に帰屬します。
  2. 本サービスまたは広告中に掲載?提供されているコンテンツは、著作権法、商標法、意匠法等により保護されております。
  3. 本サービスおよび本サービスに関連して使用されているすべてのソフトウェアは、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権および営業秘密を含んでおります。

【第16條 禁止事項】

  1. 利用者は、本サービスの利用に際して、以下の行為を行ってはならないものとします。
    • (1) 當社、他の利用者もしくはその他の第三者(以下「他者」といいます。)の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    • (2) 他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    • (3) 特定の個人の個人情報の提供
    • (4) 一人の利用者が複數の登録者の地位を保有する行為(但し、當社が別途指定する場合を除きます。)または一つの登録者の地位を複數人で共同して保有あるいは譲渡、売買、貸與、名義変更等をする行為
    • (5) 登録者の地位を停止または無効にされた登録者に代わりユーザー登録をする行為
    • (6) 他者を差別もしくは誹謗中傷し、または他者の名譽もしくは信用を毀損する行為
    • (7) アクセス可能な本サービスのコンテンツもしくは情報または他者のコンテンツもしくは情報を改ざん、消去する行為
    • (8) 當社または他者になりすます行為(詐稱するためにメールヘッダ等の部分に細工を行う行為を含みます。)
    • (9) 有害なコンピュータプログラム等を送信し、または他者が受信可能な狀態におく行為
    • (10) 選挙の事前運動、選挙運動(これらに類似する行為を含みます。)または公職選挙法に抵觸する行為
    • (11) 他者に対し、無斷で、広告?宣伝?勧誘等の電子メールもしくは嫌悪感を抱く電子メール(そのおそれのある電子メールを含みます。)を送信する行為、他者のメール受信を妨害する行為、連鎖的なメール転送を依頼する行為または當該依頼に応じて転送する行為
    • (12) 通常に本サービスを利用する行為を超えてサーバーに負荷をかける行為もしくはそれを助長するような行為、その他本サービスの運営?提供もしくは他の利用者による本サービスの利用を妨害し、またはそれらに支障をきたす行為
    • (13) サーバー等のアクセス制御機能を解除または回避するための情報、機器、ソフトウェア等を流通させる行為
    • (14) 本サービスによって提供される機能を複製、修正、転載、改変、変更、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、翻訳あるいは解析する行為
    • (15) 本人の同意を得ることなく、または詐欺的な手段(いわゆるフィッシングおよびこれに類する手段を含みます。)により他者の登録情報を取得する行為
    • (16) 本サービスの全部または一部を営利目的で、使用方法を問わず利用する行為(それらの準備を目的とした行為も含みます。但し、當社が認めた場合は除きます。)
    • (17) 法令に基づき監督官庁等への屆出、許認可の取得等の手続きが義務づけられている場合に、當該手続きを履行せずに本サービスを利用する行為、その他當該法令に違反し、または違反するおそれのある行為
    • (18) 本サービスの運営を妨害する行為、他者が主導する情報の交換または共有を妨害する行為、信用の毀損または財産権の侵害等の當社または他者に不利益を與える行為
    • (19) 長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行い、または義務や理由のないことを強要し、當社の業務に著しく支障を來たす行為
    • (20) 上記各號の他、法令もしくは本利用規約(當社が別途定めるガイドラインを含みます。)に違反する行為、または公序良俗に違反する行為(暴力を助長し、誘発するおそれのある情報もしくは殘虐な映像を送信もしくは表示する行為や心中の仲間を募る行為等を含みます。)
    • (21) 上記各號のいずれかに該當する行為(當該行為を他者が行っている場合を含みます。)が見られるデータ等へ當該行為を助長する目的でリンクを張る行為
    • (22) その他當社が利用者として不適當と判斷した行為
  2. 利用者が以下のいずれかの者に該當する場合には、當該利用者は、本サービスを利用することができないものとします。
    • (1) 暴力団
    • (2) 暴力団員
    • (3) 暴力団準構成員
    • (4) 暴力団関係企業
    • (5) 総會屋等、社會運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等
    • (6) その他前各號に準じる者

【第17條 ユーザー登録解除等】

  1. 當社は、以下の各號の一に該當する事由がある場合には、當社の判斷により、當該利用者に何ら通知することなくして、當社が本サービスを通じて送信(発信)されたコンテンツの削除および変更ならびにサービスの一時停止、ユーザー登録の解除(登録者の地位の停止を含みます。)、本サイトへのアクセス拒否をすることができるものとします。
    • (1) 利用者が本利用規約に違反した場合
    • (2) 利用者が前條1項に定める禁止行為を行った場合
    • (3) 利用者が前條2項に定める者に該當する場合
    • (4) 登録情報または本サービスを不正に使用しまたは使用させた場合
    • (5) 當社への支払を怠った場合
    • (6) お申込み內容または登録情報に虛偽の記載があった場合
    • (7) 商品の購入にあたり、當社の與信審査の結果、當社が利用者に対して商品の支払方法を指定したときに、利用者がこれを拒否した場合
    • (8) 利用者に対し、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産、民事再生の申し立てがなされた場合、または、利用者が破産または民事再生の申立てをした場合
    • (9) 當社の定める回數以上のパスワードの入力ミスがある場合
    • (10) 本サービスによって提供された情報を不正に使用した場合
    • (11) 當社の定める期間內に本サービスの利用がなかった場合
    • (12) 利用者が當社、提攜企業およびその他の第三者に損害を與える危険があると當社が判斷した場合
    • (13) 本サービスの利用が不適當であると當社が判斷した場合
    • (14) その他、利用者として不適格と當社が判斷した場合
  2. 利用者が前項各號に該當するため、當社が前項に定める措置をとった場合において、當該利用者に損害が発生したとしても、當社は責任を負わないものとします。また、當社は、當該措置につき、利用者への何らの補償も行わず、責任や権利も負わないものとします。
  3. 當社が前項の処分をしたときは、登録者に対してはあらかじめ登録されたメールアドレス宛に、登録者ではない利用者に対しては當該利用者から通知されたメールアドレス宛にその旨を通知することとします。
  4. 前項に定める當社からのメールが、利用者の事情によって當該利用者に到達しなかった場合、當社からのメールは到達したものとみなします。
  5. 本條の定めに従ってなされた當社の処分に関する質問、苦情は一切受け付けておりません。

【第18條 利用制限】

  1. 當社は、利用者が以下のいずれかに該當する場合には、當該利用者の承諾を得ることなく、當該利用者の本サービスの利用を制限することがあります。
    • (1) ワーム型ウィルスの感染、大量送信メールの経路等により、當該登録者が関與することにより第三者に被害が及ぶおそれがあると判斷した場合
    • (2) 電話、電子メール等による連絡がとれない場合
    • (3) 利用者宛てに発送した郵便物が當社に返送された場合
    • (4) 上記各號の他、當社が緊急性が高いと認めた場合
  2. 當社が前項に基づき利用者の本サービスの利用を制限したことにより、當該利用者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、當社は一切責任を負いません。

【第19條 免責】

  1. 當社は、本サービスの利用により発生した利用者の損害については、一切の賠償責任を負いません。
  2. 利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対し損害を與えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとします。
  3. 當社は本サービスに発生した不具合、エラー、障害等により本サービスが利用できないことによって引き起こされた損害について一切の賠償責任を負いません 。
  4. 本サービスならびに本サイト上のコンテンツおよび情報は、當社がその時點で提供可能なものとします。當社は提供する情報、利用者が登録?送信(発信)する文章その他のコンテンツおよびソフトウェア等の情報について、その完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等につきいかなる保証も一切しません。
  5. 當社は、利用者に対して、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、その結果について責任を負わないものとします。
  6. 本サービスが何らかの外的要因により、データ破損等をした場合、當社はその責任を負いません。
  7. 利用者との間の本利用規約に基づく契約が消費者契約法(平成12年法律第61號)第2條第3項の消費者契約に該當する場合には、本利用規約のうち、當社の責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。本利用規約に基づく契約が消費者契約に該當し、かつ、當社が債務不履行または不法行為に基づき損害賠償責任を負う場合については、當社に故意または重過失がある場合を除いて、當社は、當該利用者が直接かつ現実に被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)については責任を負わないものとします。

【第20條 開発中のサービスについて】

  1. 當社は、本サービスの一部または獨立したサービスとして、開発中のサービスを提供することができるものとします。
  2. 利用者は、開発中のサービスがその性質上、バグや瑕疵、誤作動等、正常に動作しない癥狀等の不具合を含み得るものとして提供されることを理解するものとします。
  3. 當社は、當社が必要と判斷した場合には、事前に通知することなくいつでも開発中のサービスの內容を変更し、または開発中のサービスの提供を停止もしくは中止することができるものとします。
  4. 當社は、開発中のサービスの完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等につきいかなる保証も一切しません。

【第21條 準拠法】

  • 本規約は、日本法に準拠し、解釈されるものとします。

【第22條 裁判管轄】

  • 利用者と當社との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専屬的合意管轄裁判所とします。

【Beacon Bankの利用について】

  • 當社の提供するアプリ「kurashiru」(以下「本アプリ」といいます)は、位置情報に応じたコンテンツの配信、利用狀況把握によるマーケティング情報の取得?サービス改善等を目的に、以下のサービスを利用するものとする。アプリユーザーは、その利用および情報の提供を承諾するものとする。
    • (1) 本アプリにおいては、ビーコンサービスを提供するため、株式會社unerryの提供するBeacon Bankを利用している。
    • (2) 本アプリにおいては、以下の情報をBeacon Bankに提供する。
      • ① スマートフォン等の端末情報(端末機種名、端末メーカー、端末OSバージョン。)
      • ② 広告識別子(IDFAまたはGoogle Advertising ID等。)
      • ③ スマートフォン等にかかる位置情報
      • ④ アプリユーザーの取得した近傍のビーコンにかかる情報
      • ⑤ 本アプリの利用狀況にかかる情報(位置情報利用許可の有無、Bluetoothのオン/オフ、プッシュコンテンツの閲覧?開封日時、反応したビーコンの情報を含む。)
      • ⑥ 本アプリの提供者が必要と判斷したアプリユーザーのセグメント情報(年代、性別、職業など。ただし、個人情報を除く。)但し、②については、アプリユーザーが任意にオプトアウトすることができる。
    • (3) 株式會社unerryにおいては、本規定により取得した情報を、本アプリの提供者に対して電磁的方法または書面により提供することがあるほか、本アプリの提供者に対するそのアプリユーザーへの情報配信サービスの提供、本アプリの提供者に対するマーケティングサービス?本アプリの利用狀況の統計情報の提供ならびにBeacon Bankにかかるサービスの品質の維持?向上およびマーケティングのために用いる。また、前號④の情報については、個人を特定せず、ビーコンの発するIDを特定しない狀態にて、ビーコンにかかる情報を公開することがある。なお、株式會社unerryは、取得した情報を個人を特定する目的で用いないものとし、同社のプライバシーポリシー(第三者提供を停止する方法を含む。)は、同社のウェブサイトにおいて提供されており、トップページにそのリンク先が明示されている。
    • (4) 上記のほか、株式會社unerryは、その連攜する本アプリの提供者または株式會社unerryが連攜する事業者(広告事業社およびシステムインテグレーターを含む第三者)に対して、第(2)號に規定される情報およびこれらに係る分析情報を電磁的方法または書面により提供する可能性がある。これらのデータ提供は、オンライン広告?コンテンツの配信やその効果の測定、モバイルソリューション提供およびマーケティングを目的としてなされるものとする。

第2編 個別規約


2017年6月9日 制定
2017年12月1日 改定
2018年5月29日 改定
2019年10月9日 改定
2020年3月31日 改定

中文天堂最新版在线www-bt天堂网www天堂-电影天堂 强行入侵粗暴完整版在线观看
24岁救人牺牲消防员获批为烈士 两个女人 北京冬奥火炬宣传片获金花环奖 红色通缉令 大连一密接者擅自点外卖聚餐被调查 扫黑风暴 周冠宇成为中国首位F1车手 罗永浩吐槽苹果文案没文化 十九届六中全会公报发布 林丹世界排名被正式移除 男子写80页PPT拯救爱情却离婚 胡锡进谈中美元首会晤 斗破苍穹 安娜贝尔 国足最新出线概率0.08% 男子写80页PPT拯救爱情却离婚 林丹世界排名被正式移除 两个女人 得知母亲出事男子在地铁痛哭 中美元首会谈重点内容 两个女人 苏宁易购回应破产传闻 许家印为恒大注入超70亿续命资金 胡锡进谈中美元首会晤 中美元首是否达成新共识?中方回应 红色通缉令 印度首都准备封城 甄嬛传 罗永浩吐槽苹果文案没文化 花木兰 兰心大剧院 中国医生 国际人士热议中共十九届六中全会 男子写80页PPT拯救爱情却离婚 许家印为恒大注入超70亿续命资金 国足战澳大利亚大名单:4归化在列 许家印为恒大注入超70亿续命资金 胡锡进谈中美元首会晤 入殓师 200斤鳄鱼被吓后待水里溺死 中美元首是否达成新共识?中方回应 中美元首是否达成新共识?中方回应 我和我的祖国 国际人士热议中共十九届六中全会 长津湖 甄嬛传 许家印为恒大注入超70亿续命资金 胡锡进谈中美元首会晤 国足最新出线概率0.08% 男子写80页PPT拯救爱情却离婚 长津湖 动物世界 男子写80页PPT拯救爱情却离婚 长津湖 动保组织向上饶信州区申请信息公开 溺水小刀 浦发银行回应近3亿存款莫名被质押 中美元首会谈重点内容 外交部回应拜登重申不支持台独 动保组织向上饶信州区申请信息公开 俄方回应卫星碎片危及国际空间站 加拿大一枝黄花到底是什么? 甄嬛传 长津湖 五个扑水的少年 加拿大一枝黄花到底是什么? 浦发银行回应近3亿存款莫名被质押 灵媒 动保组织向上饶信州区申请信息公开 中国共产党第三个历史决议全文发布 嘉南传
昌黎县| 文登市| 大庆市| 洛浦县| 寻甸| 日照市| 高密市| 汝阳县| 太原市| 江阴市| 柳河县| 海兴县| 绥中县| 安福县| 家居| 万全县| 太白县| 平度市| 桦甸市| 湘西| 车险| 宁远县| 郧西县| 讷河市|